カードローンを借りる前に返済について考えておこう

お金が足りない…今月、ピンチ

カードローンを借りる前に返済について考えておこう

毎月の返済額を事前に算出しよう

カードローンを利用するとき、毎月返せる金額はいくらか?を計算しなければなりません。
この時、金利を考えずに、借りた金額だけで計算してしまう人もいるので気をつけましょう。
金利を含め、毎月いくら返していくかを考えることが大切です。
金利はカードローン会社によってまちまちですし、借りた金額によっても変わってくるので、友達の金利が〇円だったから、自分もそれくらいだろう、などと考えるのはやめましょう。計算することが苦手だったり、面倒に感じる人もいると思いますが、返済の計画はきっちり行っておくことが基本です。それができずに借り続けていくと、いつの間にか利息が膨らんで、しまいには返せなくなってしまう…そんな残念な事が起こるかもしれません。
計算が苦手でも、面倒でも、きちんと金利を計算し、自分が返せる以上のお金は借りないようにしましょう。


カードローン

カードロー利用前に返済シュミレーションを利用する

カードローン会社のホームページを見てみると、返済シミュレーションというものが目に入ると思います。
返済シミュレーションは、利息を含めた一か月の返済金額や返済月数を計算してくれるもので、自分で電卓片手に計算する必要がありません。

カードローンでいくら借りようか考え中の人も、返済シミュレーションを使って、返済計画を立てることで無理のない金額を決定し、借りることができます。
自分で計算をするときは、たとえ電卓を使っても間違えてしまうことがあります。しかし、コンピューターならそういうミスがありませんから安心です。
返済シミュレーションを行い、これならきちんと返せるという自信を持つ事ができれば、返済について必要以上に不安になる事もなく安心して利用していく事ができるでしょう。


返済を忘れない為の必須アイテム

カードローンの返済をうっかり忘れてしまう事があります。
お金が用意できなくて返せないのではなく、返すお金はあるのに、返済日を忘れていたというミスが意外と多くあります。
こうしたうっかりミスのせいで、自分の信用が落ちてしまうのは悲しいことです。
何回か同じことが繰り返されれば、カードローンはもう利用できなくなってしまうかもしれません。
こういう事がないように、返済日にはカレンダーに印をつけておくとか、携帯のアラームを設定しておくなどの工夫をしておきましょう。
また、カードローン会社の中には、返済日が近づくとメールで知らせてくれるシステムを採用しているところもあります。
こうした業者を選ぶ事で、うっかり忘れていたという単純ミスを防止できます。
人間、忘れることがあっても、カードローンの返済においては、忘れることは絶対にないようにしましょう。

消費者金融

メニュー

Copyright© 2014 カードローンを借りる前に返済について考えておこう All Rights Reserved.